女子校育ち

遠征先でのビール工場見学が好きです

人形たちの夏

8/5 17:00 TOKYO DOME CITY HALL
Sexy Zone A.B.C-Z Summer Paradise in TDC
『風 is a Doll?』観てきました。(長えな)

1ヶ月経ちましたが今更すみません。

風磨くんが雑誌で翔くんの「夢でいいから」の話をしていてすごく気になっていたんです。が、いつのまに初日を迎えてて、レポと入った人の「楽しかった」ってその一言を見て、行かなきゃと。血眼になってとりあえずチケット見つけて3日夜にまず行きました。立見だったけど、学校終わりにたまたま見つかったからチビなのにスニーカー履いてるし双眼鏡も持ってきてないしペンラもないし買う時間もなかったから拳振ってきたよ。
セトリはチラッとしか見てなかったので、興奮しながら踊り狂ってました。立見だったけど本当に楽しかった。意外とステージ全体とモニターも見えたのであまり気にならなかったです。
余りに楽しくてびっくりして、終わってからも「風磨くん天才」ばっか言ってて、その勢いで5日の最終公演行きました。

かっこいい曲・みゅーとと踊る曲・安井けんちゃんと踊る曲・聞かせる曲・全員参加のMC・笑わせる楽しい曲・お祭り曲・Jrだけの曲・バンド曲・泣かせる曲
見せて欲しいもの全部入ってました。


風磨くんはソロコンの作り方が、上手でした。上から目線みたいですいません。ジャニーズらしくて、ジャニーズが作るソロコンはこれだよってすごく完璧なものを見せてくれた気がします。

もうね、めっちゃ、文化祭中です!みたいな人たちなんだ。でも、私たちがうわ〜って外野から笑うってことは一切なくて、一緒に参加させてくれたような同じテンションで駆け抜けたソロコンでした。バック担も同じくらい楽しめるそんなライブだったんじゃないかなと思ってます。
そもそも私は担当がいるわけでもなかったんだけど、最高の夏になった(笑)この先もTDCの前通ったら、夏になったらあのオーラスの景色を思い出すだろうなって思う。

ソロとして最高にかっこよく、かわいく自分を演出したし、Jrがただの引き立て役ってだけにはならないようにしてた。
出て欲しいって風磨くんが本人に交渉したって言ってた。みんな同期だったり先輩だったりだけど仲が良くて、きっとそれが逆にオファーしづらいっていうのもあったと思うんですよ。実際「正直仲はいいけど(仕事は)ちょっと…って(断られるかもと思って)心配だった」みたいなことも言ってて、出てくれたみんなに感謝してます。って嬉しそうに噛みしめるように言っててMCでわたしは泣きそうになるっていう。
初日まで2週間切ったところで風磨くんがギリギリなのにごめんってオファーしたら、樹が「もっとちゃんと準備とかしたいじゃん」みたいなこと言って、やっぱそうだよね断られるかなって待ってたら、樹「だから出させて♡」ってメールくれたのちょー嬉しかった!ってじゃれ合っていて同期って素晴らしいものだなと思いました。そのやり取りを微笑ましく見てた6人も可愛かったよ(泣)
MCはみんなでソファに座ってただ普通の男子みたいにふざけた話もしてていい景色でした。
風磨くんが着替えに行ってる時は、Jrしか知らない風磨くんの話をしてくれたりしました。初めてのソロコンだし色々考えてたよな〜って。それを聞いて恥ずかしそうに出てくる風磨くん。それをみんな茶化すんだけど、それだけじゃなくてその後に「でも風磨ほんとすごいよ!」って素直に言える関係が素敵だなって。
で、みゅーちゃんは喋ってる言葉全部平仮名に聞こえるって言われてて、あっそれは共通認識なんだって思いました。

安井くんとさなぴっていうお兄ちゃんズが出てたのもすごく大きかったと思います。優しいんだけどちゃんとまとめてくれたりする存在がいて、いい具合に締まってたと思います。いじられた時の返しが優しい。乗っかってくれるお兄ちゃん。風磨くんの周りには素敵な人がたくさんいるんだね、よかったね。

5日は最後だから、盛りあがっていけよ!最後だぞ!って煽るんだけど、MCあたりからもう終わりたくないよ〜!って言い出すんですよ。帰らなきゃ終わらないもんね、お風呂入りに家帰ってまた(TDCに)戻って来ればいいよねとか言い出して、めちゃくちゃなこと言い出すくらいこの4日間がほんと楽しかったんだなって。夏に楽しい思い出ができてよかったねって。普通に立っていて汗が滲むくらいの熱気で、暑い暑い言いながらMCが終わった。

ああ、もうすぐ終わるんだなって空気が変わり始めたのはまっすーみゅーと萩ちゃんさなぴと風磨の、風磨バンドによるTOKIOメドレー。全てを出し尽くすようにリリックで風磨くんが叫んでてバンドのみんなも風磨くんの方見て叫んでてた。会場もギュッと締め付けられるような空気になってた。
あとohyeah。oh yeahはね〜わたしそもそもtime自体が好きだしこの曲は特に好きです。それを風磨くんが選んだところが嬉しかった。こんなに盛り上がる曲なのに歌詞がかっこいいから。翔くんも前にどこかでそんなこと言ってた。本当はもう涙こらえてたんじゃないかなってくらい振り絞って歌うんですよ。毎公演歌って!って会場全体でサビ前あたりから結構長いこと歌わせるんだけど(笑)最後は会場見渡して嬉しそうに一緒に歌ってました。「あの日に戻るとしても同じ路選ぶだろう〜」っていう歌詞が好きです。風磨くんジャニーズに入ってくれてありがとう〜!!!!

結局風磨くんが歌った翔くんの曲は「夢でいいから」ではなく「suger and salt」だったんだけど、カラオケバージョンを歌うのでちょいちょい翔くんの声が聴こえてくる予期せぬ共演だった。but you were mineっていう自分の元から離れていってしまった女との思い出とか思い返して…って歌ですけど風磨くんの声も似合うな~よかった…から夢でいいからも聴きたいです。発表当初はまた3・2体制の夏かよ〜って思ったけど、まあサマステと風磨ソロしか見てなくて、3人のセクゾコンは見てないんだけど、わたしが見たソロコンは本当に素敵な公演でした。いつかまたやってくれるの待ってます。今度は夢でいいから歌ってね。

セトリからも風磨くんのジャニーズ愛がすごく伝わってきて、すごく楽しそうで見てるこっちが勝手に幸せでした。普段はあまり歌うことのないYJや嵐、頑なにセクゾ曲を歌わなかったから、風磨くんがいろいろ考えて作ったソロコンなんだなっていう印象を受けました。

ようやくラストの話します
まずsummary後に安井くんから「今日ラストなので手紙を書いてきました。俺の大親友風磨へ」っていう壮大な前振り。動揺して「えっ?まじかよ!」とかって騒いで終わりました。
twenty前に風磨くんが少し話をしている間に後ろでJrが曲の準備で机を持ってきて、その時にサッと何か置いてはけた。「風磨へ」って書かれた手紙を見つけて「まじかよぉ」って言いながら読み始めるんだけど、泣いて読めなくなって「後であいつら笑うんすよお」それでも「泣いてないっす、汗っす」って言いながら手紙を読んで。きっとあれは安井くんが書いたんじゃないかなって思ってるんだけど、中身はライブ前に風磨の家でコントの練習したの楽しかったよねとかなかなか集まれなくて大変だったよねとか。友達としてだけじゃなく仕事仲間として最高な時間を過ごせて嬉しかったこととかこんなにたくさんのファンがいるんだから自信持ってねとか。
最後は、「俺らも負ける気ねえからな。風 is a Doll?より」おそらく会場中が一度死んだ。なんて熱い友情だよ。
twentyのラストはミニジュニアマンションもといジュニアアパートみたいなセットでJrも出てきて8人で歌うんだけど、もうそれはそれは目頭が熱いどころではなくて、涙のスピードが尋常じゃなくて目頭が痛いくらいだった。
半ちゃんはボロ泣きだし、萩ちゃんも目真っ赤だし、風磨くんは言わずもがなずっと泣いてる。セットを降りて横に並ぶんだけどその時もみゅーとが人のジャケットで涙拭いたりするし、樹が後ろ向いちゃったりするし本当に楽しかったから余計に夏が終わるのが辛かった。
サマステもそうなんだけど夏のジャニーズってなんであんなに涙が出るんだろう……
ジャニーズになりたかったなって多分私は友達に毎年言ってるんだけど、あんな素敵な夏を私も当事者として味わいたかったな〜!(笑)

このままじゃ風磨くんしぼんじゃうんじゃないかってくらい泣いてたんだけど、アンコールで幕が開けたらそれはそれはかわいい風磨くんに戻っていました。半ちゃんは相変わらずちょっとスイッチ押したら泣きそうって感じだったんだけど、みんな笑顔で出てきて「ふうま!泣き虫!」コールした。

手紙見つけて泣きそうな風磨くんに「泣くな!頑張れ風磨!」って言ってる方がいて、それを聞いて小さく頷くけどやっぱり泣いちゃって。後でレポで菊池家が観に来てて、叫んでたのは風磨ママだって知ったんだけどさ。最後に、家族が来てる中、あの公演を観てもらえたのはほんとよかったな〜とか勝手に他人のくせに思った。風磨くんにこんなに素敵な仲間がいて、こんなに素敵なファンがついてるんだって伝わっただろうな〜って。

色々あったけどWアンコの楽しさは尋常じゃなかった。突然スクリーンに5人の影が現れて会場が揺れるくらい歓声があって、SZがかかったと思ったら風磨with4人のJr(忘れた)
ペコペコすいませんってしながら歌って、次もセクゾ曲で。あんなに本編で避けてた自分の曲を思いっきり歌う風磨くんのチョイスが最高だった。俺が戻る場所はここだって感じでかっこよかった。(本心は知らんけど)
本当に本当の終わりが来て、もうその頃には会場中が風磨くん最高大好き!みたいな空気になってたから「みんな手繋ごうぜ!」って言われて一瞬驚きつつも風磨様に従って手繋いでました。その後風磨くんがお客さんと端っこのJr(樹とみゅーと)に手繋げよって指示して会場中が一瞬悲鳴に包まれつつも意外と穏やかに手繋いだ。2人のモテ男力が発揮されすぎてよかった。女子と手を繋ぐみゅう樹好きすぎた。樹かな、ステージの階段を1段下りて女の子がつらくないようにしてたのも余計によかった。「これでみーんな繋がったね♡」の風磨くんも最高に可愛かった。最後の最後までいい気分のライブだったなあ〜。

コンサートじゃなくてライブって感じだなって思ったからライブって書きました。(だからなに)

WS録り損ねて激落ち込み丸だけどまたいつかどこかで見る機会が出来ればいいな〜と思うような公演でした。風磨くんありがとう。おしまい。